お肌のお悩みQ&A

井上 真樹

SAIRAI開発者 兼 スキンケアカウンセラー
SAIRAIプロジェクトリーダー

井上 真樹/ Maki Inoue

自身の化学物質アレルギーと肌荒れで長年悩みコスメジプシーを繰り返し、なんとか治したいと様々な事を実践して克服した経験から美容サロンを運営。その中で様々な肌悩みを聞く事と自身の肌状態の変化から今まで得てきた美容の常識に疑問を感じ、大事なのは何で作られているかだと考える。思い込みを捨てて再度知識をブラッシュアップして、肌悩みのある女性も安心してメイクを楽しみながらより美しくなっていく高機能ヴィーガンコスメ【SAIRAI】の開発に日々取り組む。

コスメコンシェルジュ認定
日本化粧品検定1級

  • 肌トラブル
  • SAIRAIについて
Q紫外線防止効果はありますか?
Aございます。プロテクション&カバー・エクストラルミナスの両クッションコンパクトとリワードパウダーには酸化チタン・酸化亜鉛などのノンケミカルな紫外線散乱剤が配合されており、近年発がん性があるといわれている合成紫外線吸収剤の配合はございません。
Q金属アレルギーが有るのですが使用は可能でしょうか?
Aミネラル成分である酸化チタン・酸化亜鉛は金属の鉄と亜鉛を酸化させて性質を変化させたもので、金属そのものとは性質が異なるためミネラル成分でのアレルギーは非常に少ないと言えますが、お一人お一人の反応するアレルギーは体調や環境によっても異なって参ります。御心配な場合は成分表をご確認頂いた上で医師にご相談頂き、ご使用を検討下さいますようお願い申し上げます。

※アレルギー反応等ご心配のあるお客様は、ご自身のお身体の反応の出やすい部位でパッチテストを行って
 頂いてからのご使用をお勧め致します。
Qよく「クレンジングをしっかり行わないと肌荒れする」と耳にしますがSAIRAIではなぜクレンジング剤の使用を勧めないのですか?
A一般的なコスメには多忙な現代女性のニーズから、長時間落ちない・崩れない、というような特徴の製品が多く販売されています。肌にぴたりと張り付く状態を長時間保つ為に合成ポリマーやシリコン等の化合物を配合し毛穴を塞ぐと、強力な界面活性剤入のクレンジング剤を使わないと毛穴に残ってしまいます。しかし、強いクレンジング剤は表皮の下の細胞と細胞の間を均等に保つ細胞間脂質までも流してしまい、角層を覆うバリア機能を崩しそこからの細菌の侵入などで肌トラブルを起す事が有ります。ニーズに応える反面、それによる肌トラブルに悩む人が増えている事も深刻な問題です。先ずは肌本来の機能を取り戻して健やかな美しい素肌に変えていきたいとの願いを込め、石鹸のみで洗い落とす事が出来る自然由来成分のみで作られたSAIRAIを継続使用することで、肌の生まれ変わりを実感して頂きたいためクレンジング剤のご使用はお勧めしておりません。
同時に化合物を使用しない事で肌をいたわるとともに地球環境の保全にも配慮する事が出来ます。
Qニキビの赤みや痕が気になり今まで有名メーカーのカバー力の高いコスメを使用し、肌に残らないよう強いクレンジング剤を使用していましたが肌荒れが止まりません。何を使ってもこうなるのではといつも不安です。
A上記でお応えしましたように、カバー力を上げメイクしたての状態を保とうとすると、化合物を入れて化粧持ちを良くする事がほとんどです。強いクレンジングでメイクオフしバリア機能がくずれ肌自体が揺らいでしまうと、刺激や外的要因から肌を守る事が出来なくなってしまいます。もちろん、それだけが原因であるとは言えませんが、肌荒れ要因のひとつとして考えられます。開発者自身このような悩みと不安を持ち続けていたために、食べ物に添加物がないかを気にするようにコスメも安心成分にこだわり毎日不安なく使えるSAIRAIを作りました。
QSAIRAIは動物実験を行っていますか?
ASAIRAI製品では、動物実験は一切行っておりません。また原料に関しましても動物実験が行われていない事が確認されたもののみ使用しております。
Qヴィーガンコスメとはどういったものなのでしょうか?
Aヴィーガンコスメとは、動物由来の成分を一切使用せず、また製造過程に置いても動物実験を行っていないクリーンビューティーな化粧品の事です。SAIRAIでは、動物由来成分に加えて使用しないと決めている成分をあげています。
不使用成分について >
Qナノ粒子化されている成分の使用は有りますか?
A全てのSAIRAI製品においてナノ粒子化成分の使用はございません。
Q通常のファンデーションと何が違うのでしょうか?
A通常のファンデーションは化粧崩れを抑えたり化粧持ちをよくする為に、シリコンなどの化合物で様々な原料のコーティングを行っています。化学物質を用いる事により付けたての状態が長時間保てますという多忙な現代人のニーズに応える事は出来ましたが、それにより素肌を荒らしたり肌トラブルのもとになる事が問題視されています。SAIRAI製品はそういった肌に良くないとされるものを取り除き、肌の弱い方や肌悩みの有る方にも安心して使用でき、より肌を美しく見せる事が出来るファンデーションです。

上記理由の一例としては、シリコンなどで化粧持ちを良くしたファンデーションは毛穴を塞ぎ、強いクレンジング剤を使用しないとメイクオフできない。強いクレンジング剤は細胞間脂質など肌のバリア層を正常に保つ物質までも洗い流してしまうので、バリア機能が壊れた箇所から細菌が発生し肌荒れを起してしまう事があるためです。
Qクッションコンパクトにメイク下地は必要でしょうか?
Aプロテクション&カバー・エクストラルミナスの両クッションコンパクトにはメイク下地・コンシーラー効果・ファンデーション・紫外線防止効果・美容液効果がございます。洗顔後に基礎化粧品で素肌を整えて頂いた後そのままお使いになれますが、お好みで化粧下地をご使用になられても結構ですし、プロテクション&カバーを下地としてお使い頂くこともお勧めしております。別途(*製品の使用方法)ではお勧めの組み合わせや使用法なども記載しておりますので、ご参照下さい。
Q使用期限は有りますか?
A一般的な化粧品同様に未開封で正しく保管されていた場合、製造から3年間は品質が保たれています。しかし高温多湿の場所や直射日光があたるなどの保管状態が悪買った場合は 未開封でも品質の低下や劣化が起きる事がありますので、においや状態がおかしいと感じられましたら使用を中止して下さい。また、一度開封された化粧品はなるべく早めに使い切る事をお勧め致します。
Qクレンジング剤を使用しなくてもメイクが落ちますか?
A全てのSAIRAI製品においてクレンジング剤を使用せず石鹸洗顔のみでメイクオフする事が可能です。詳しくは別途(*石鹸オフメイクについて)をご参照下さい。
Qどうしてクレンジング剤によるメイクオフが必要ないのですか?
ASAIRAIは全製品において、合成ポリマーや合成界面活性剤、シリコンなどの油分等のクレンジング剤を用いなければ落ちないような成分を配合していません。石鹸を泡立てて優しく丁寧に洗顔を行って頂くのみで綺麗にメイクオフする事が出来ます。
Q今までクレンジング剤でメイクオフしていたので、本当に石鹸のみできちんと落とせているかが心配です。
ASAIRAIには、シリコンや合成の着色料・保存料等の化学物質は一切配合しておらず、天然鉱物やその他の肌への負担が極力ないとさいとされる自然由来成分のみで作られています。自然界で生きる人々の肌を自然由来の成分だけで美しく見せる事が出来る。
また、自然鉱物には、有害とされる紫外線を反射し様々な外的要因から肌を守るチカラも備わっています。SAIRAI製品もしくは石鹸オフ可能など記載のある製品でのメイクは石鹸のみで落とす事が出来ますが、クレンジング剤が必要な製品を併用されている場合はこの限りでは有りません。
QSAIRAIを使いだして石鹸オフに変えたら肌ががさがさになりました。使用を中止するべき?
A従来化学物成分配合のコスメや合成のクレンジング剤を使用されてきた方の中には、自然由来成分のみでできているSAIRAIでメイクして石鹸オフメイクに変えてからそれまで肌内部に蓄積されてきた化学物質を押し出して閉じ込められてきた肌本来のチカラを取り戻そうと、まるで細胞が呼び起こされて目覚めるような現象が起きる事が有ります。好転反応といわれるこのような事が予測されますが、肌のターンオーバーの周期は約1ヵ月間・身体細胞の生まれ変わりは約3ヵ月・血液は約4ヵ月で入れ替わるとされているので、状態が一周する1ヵ月以上は使用を継続してSAIRAIメイクをお楽しみ頂きたいと思います。(ただし、炎症が起きてしまったりかぶれになって悪化するなどの症状が見られる場合はご使用を取りやめ、医師にご相談頂きます事をお勧め致します。)
Q肌が過敏でかぶれやすく吹き出物も有るので使うコスメを厳選しているのでSAIRAIに興味が有るのですが、今ははやりのヒト幹細胞とかではなくなぜヴィーガンなのですか?
ASAIRAIでは、口から体内に取入れるものと同じように素肌に直接つけるものも内容成分が大事だと考えています。動物由来成分が悪い訳では有りませんが、ホルモンやアレルギー性物質・環境問題と様々な視点から考え抜き、天然由来のプレミアムアミノ酸であるEGT{エルゴチオネイン}との最高の出会いがあったこと・化学物質を一切排除する事でヴィーガンコスメへのこだわりが生まれました。植物と鉱物の金属に関しましてはアレルギーを起すような数値での配合ではございません。ご心配のある方はご使用前に成分をご確認頂き、パッチテストを行われるかもしくは医療機関へご相談のうえでのご使用をお勧め致します。
カウンセラーに相談する